さいしょ

について

おしらせ

ひと

しごと

ざだんかい

333

いぬのせなか座

座談会 について

 

座談会は、いぬのせなか座が、複数人による、書き直しを含みこんだ長期間の、ばらばらかつ濃密な議論を、最も効率よく行っていくために実践・試行錯誤している、テキスト作成・議論形式です。

参加者は、一定期間、ウェブサービス〈Googleドライブ〉に各々の電子端末を用いてアクセスし、いつ・どこでも、リアルタイムで、そのつどの自らが置かれた環境と接しながら、他の参加者による発言に応答し、自らの過去の発言を書き直し、過去・未来のさまざまな〈私〉と対話しつつ思考しつづけます。

方方を同時に複数人が書き足し、書き進め、書き直していくため、参加者には徐々に大きな負荷がかかっていきますが、それを、言語表現と批評の高密度なないまぜ状態の習慣化(の一方法)として、実践しています。

いぬのせなか座立ち上げ以来、グループの軸として実践して来ましたが、最近では、一般的な「座談会」の見た目から離れた、パフォーマンスや共同制作としても実践しています(「座談会6」「座談会8」など)。今後、さらなる形式上のアップデートを試みる予定です。

(2018.04.30)

座談会8 2018/02/17→2018/04/11 釘打ちされた星座の骨

  『現代詩手帖』2018年5月号に掲載。鈴木一平の受賞第一作の依頼と、いぬのせなか座によるページ作成

  依頼が同時にきたため、双方を組み合わせた15ページを制作した。鈴木の詩「雨と部屋」をきっかけに、

  それをめぐる対話、批評、小説、詩……をメンバーが(相互に参照しあいながら)制作し、さらに

  その上で鈴木が「星座のなかの暮らし」を制作、並行して山本が全ページをデザインした。

    ◯‪鈴木一平「雨と部屋」……第6回エルスール財団新人賞受賞第一作①‬

    ◯鈴木一平+笠井康平「だれかが考えたことをわたしは考え」‬

    ◯山本浩貴+h「物化するプロセス 閉鎖から滲み出る距離 遍在する家々の期待」‬

    ◯なまけ「町」/h「日付」‬

‪    ◯笠井康平「さかだちをするれんしゅう、これがまたむずかしいんです。」‬

    ◯山本浩貴「ぬりえをやぶく」‬

    ◯鈴木一平「星座のなかの暮らし」……第6回エルスール財団新人賞受賞第一作②‬

 

 

座談会7 2017/12/17→2017/12/23

  青年団リンクキュイ『前世でも来世でも君は僕のことが嫌』をめぐる対話。

  「観客A」という呼称で笠井康平が参加。

    ◯意味の暴力による包囲

    ◯罪が蓄積する場としての〈私〉

    ◯〈私〉の外にある魂の観測と運命からの逸脱

    ◯問いの演劇制作への変換、役者の身体の露呈

    ◯舞台空間に偏在する〈理解の形式〉

    ◯(移?)人称と多重人格−輪廻転生モデル

    ◯新しいリアリズムの上演はどのようなかたちをしているのか

 

 

座談会6 私らの距離とオブジェクトを再演する

  佐々木敦『新しい小説のために』刊行記念イベント(SCOOL、2017.10.29)にて上演。

  事前にテキストとして行なった対話・小説制作・批評を、デザインされた配布資料とプロジェクター、

  ホワイトボード、演技、etc.によって「再演」(ただし60分を6つにストップウォッチで強制的に分け、

  各パートが配布資料における6つのStudioに対応するようにした)。

  「わたし」という呼称で笠井康平が参加。

  →配布資料ダウンロード

 

 

座談会5 2017/05/21→2017/07/02

  河野聡子『地上で起きた出来事はぜんぶここからみている』に栞=小冊子として収録

    ◯詩(集)にとってデザイン/レイアウトとは何か?

    ◯「ここ」に降り注ぐ過剰なままの従属と、〈見ること〉のチューニングによる共同体

    ◯全体の多元化可能性 統合はどこにあり、あるいはどのように裂かれているのか?

    ◯全体性=《みんな》と個別の〈私が私であること〉の衝突

    ◯詩における物質性とパースペクティヴィズム

    ◯舞台−出演者−観客が形づくるヒト・モノ間の翻訳関係

 

 

座談会4 2017/02/04→2017/04/04

  『座談会4』として刊行

    ◯「Malformed Objects―無数の異なる身体のためのブリコラージュ」をめぐって

    ◯リバースエンジニアリングと「習慣化された身体」

    ◯転用可能性と使用価値

    ◯指示書と新たな主観性の制作

    ◯他者へ自己のように従属する共同体

    ◯汲み尽くせなさを用いた共同制作の手立て

 

 

座談会3 2016/02/27→2016/04/27 

  『いぬのせなか座』2号に収録

    ◯異種との自由研究の可能性/不可能性

    ◯「テキストの手前側の思考」の散策

    ◯デモクラティックな日記としての写生

    ◯重力と俳句、新たな環境としての魂

    ◯ありたちによって作られる身体の外の重力

    ◯内面と伝達を発見するダンスカンパニーの制作

    ◯外在化された記憶、無数の表現主体を貫く幾種類かの同一性

    ◯物理的大きさと芸術の相互陥入、装飾的身体における言語

    ◯翻訳と写生が、いかに透視図法を組み替え、身体から遊離した化石を見つけ出すか

    ◯不在の環境・生きものらに向けた身体の動かし方、環境の掛け合わせとしての言語

 

 

座談会2 2015/10/17→2015/11/08

  『いぬのせなか座』1号に収録

    ◯ぼくらの時間の尺度を、ぼくらの作業場に限ってまわりと変えてしまうのは

    ◯タッチと空間、読みのコンポジション 俳句が俳句であることを、見るということ

    ◯人間を書き換える場所、メディウムとしてのイメージ

    ◯「新たな距離」としてのレイアウト 詩におけるキャラクター性と法の生成

    ◯テクストをまねる魂 いくつもの生きものが

         ともにばらばらに思考することに便利なひとつの道具をつくる、転生蜂起のための学校

    ◯+の思考、素材を変えた変換の成立 純粋言語へ向けた多宇宙らの営みは、

                                 いかにして技術を伝播しあうのか

 

 

座談会1 2015/05/17→2015/05/31

  ウェブサイトにて公開後、書き直しをへて『いぬのせなか座』1号に再収録

    ◯質的にちがう歴史のあり方

    ◯多宇宙の練習=小説

    ◯大江健三郎の技術

    ◯「私が私であること」を貸し与える

    ◯「遊び場」としての余白

    ◯余白の差異と共同体

    ◯語りと責任

    ◯ねこと告白、読みにおける厚みと不変項

    ◯ねこは貞子のように手前に身を乗り出してくるか