さいしょ

について

おしらせ

ひと

しごと

ざだんかい

333

いぬのせなか座

村上善男――玄々とした精神の深みに 西野嘉章著

岡本太郎に認められ、東北の地に留まりながら、裏返しの古文書が貼り付けられた画面に点を打ち線で結ぶ「釘打ち」シリーズや、数字や記号を取り入れた「気象図」シリーズなど、常に新たな形式を模索し続けた美術家であると共に、批評家、装釘家、そして詩人・橡木弘としても活躍した村上善男(1933-2006)

美術文献学や博物館工学など、様々な角度から芸術の歴史、技術、実践を総合的に問い、最近では20世紀初頭のアヴァンギャルド芸術におけるメディアネットワークを精緻に浮かび上がらせる大著『前衛誌―未来派・ダダ・構成主義』を著した第一線の研究者でありながら、同時に自著の装釘や、館長を務めるインターメディアテクや東京大学総合研究博物館での画期的展示を数多く手がけてきた実作者としても知られる西野嘉章

批評と制作、言語とオブジェ、時代とジャンルを自らの内に行き交わせる二人は、東北・弘前の地で出会って以降、互いに作品や著書を送り合い、批評を交わし、美術、詩、活版、レイアウトと多岐に亘る対話を続けながら、日々、次なる制作に向かっていた。

鋭い批評眼と観察眼、ポエジー、そしてユーモアに満ちた二人の往復書簡が、西野によって各時期に著された村上論、村上によるテクストと共に、ここに一冊の書物として纏る。

作品・書簡図版多数収録。小口染め有り・無しの二種同時刊行

著 者    西野嘉章

発行所    東京大学総合研究博物館「インターメディアテク」

            代表者 西野嘉章

       一〇〇七―〇〇三 東京都千代田区丸の内二―七―二 JPタワー二・三階

       電話 〇三―六二六九―九四〇〇

装釘・造本  西野嘉章+山本浩貴

印刷所    秋田活版株式会社

 

価格:3500円(送料無料) 288頁

目次

■一九八七・〇五・〇九●投函・弘前

■一九八八・〇二………●投函・弘前

■一九九一・〇四………●投函・弘前

■一九九一・〇八・〇一●発行・東京………村上善男方法序説——

Y.M.の場合または「逆説の論理学」

■一九九二・〇三………●発行・青森………装釘論としての「本」

■一九九五・〇一・〇一●投函・大船

■一九九五・〇一・〇九●発行・東京………仕事場を訪う——村上善男近作展に

■一九九五・〇一・〇九●発行・青森………「優秀平玉」炸裂せよ!

村上善男近作展に寄せて

■一九九五・〇二・二一●投函・弘前

■一九九五・〇二・二四●投函・大船

■一九九五・〇六・〇七●投函・弘前

■一九九六・〇一・二八●投函・鎌倉

■一九九六・〇四・二六●投函・弘前

■一九九六・〇四・三〇●発行・青森………歴史の文字

■一九九六・〇五・二五●投函・鎌倉

■一九九六・〇八・二〇●発行・調布………距離と親近——村上善男と北東北

■一九九六・一〇・二一●発行・東京………村上善男——津軽紅彩論

■一九九七・〇四・〇五●投函・弘前

■一九九七・〇四・〇八●投函・弘前

■一九九七・〇八・二二●投函・浜松

■一九九七・〇八・二五●投函・弘前

■一九九七・一一・一三●投函・パリ

■一九九七・一二・〇一●投函・鎌倉

■一九九七・一二・〇五●投函・弘前

■一九九八・〇七・二二●投函・青森

■一九九八・〇九・一一●投函・弘前

■一九九八・一〇・〇七●投函・函館

■一九九九・〇四・二六●投函・弘前

■一九九九・〇九………●投函・弘前

■二〇〇〇・〇二・二七●投函・弘前

■二〇〇〇・〇四・〇七●投函・弘前

■二〇〇〇・〇四・一四●投函・弘前

■二〇〇〇・〇五・〇一●投函・弘前

■二〇〇〇・〇六・二六●投函・五所川原

■二〇〇〇・〇七・〇八●発行・青森………『装釘考』西野嘉章

■二〇〇〇・〇九・一三●投函・新潟

■二〇〇〇・〇九・三〇●発行・東京………『装釘考』——西野嘉章

■二〇〇一・〇五・一四●投函・弘前

■二〇〇一・〇七・二七●投函・神田

■二〇〇一・〇八・二八●発行・青森………精神を宿す「玄(クロ)」

■二〇〇一・一二・一〇●投函・弘前

■二〇〇一・・日付未詳●投函・弘前

■二〇〇二・一〇・二一●投函・盛岡

■二〇〇三・〇五………●投函・盛岡

■二〇〇三・〇七・二六●投函・鎌倉

■二〇〇四・〇四・二二●投函・盛岡

■二〇〇四・〇六・二九●投函・鎌倉

■二〇〇四・〇七・一一●投函・弘前

■二〇〇四・一二・一六●投函・鎌倉

■二〇〇五・〇三・二九●投函・鎌倉

■二〇〇五・〇四・二三●発行・川崎………村上善男について

■二〇〇五・〇五・三〇●投函・盛岡

■二〇〇五・〇六・一〇●投函・鎌倉

■二〇一五・〇三・一〇●未刊・鎌倉

初出一覧

後記にかえて

西野嘉章(にしの・よしあき)

一九五二年生まれ。一九八三年東京大学人文科学研究科博士課程中退。博士(文学)。現在、東京大学総合研究博物館館長・インターメディアテク館長・教授。著書には『十五世紀プロヴァンス絵画研究』(一九九四年、岩波書店)、博物館工学三部作『博物館学』『大学博物館』『二十一世紀博物館』(一九九五年、一九九六年、二〇〇〇年、東京大学出版会)、『装釘考』(二〇〇〇年、玄風舎)、『ミクロコスモグラフィア講義録』(二〇〇四年、平凡社)、『東京大学』(二〇〇五年、東京大学出版会)、『チェコ・アヴァンギャルド』(二〇〇六年、平凡社)、『Chamber of Curiosities from the Collection of The University of Tokyo』(二〇〇六年、赤々舎)、『鳥学大全』(共著、二〇〇八年、東京大学出版会)、『西洋美術書誌考』(二〇〇九年、東京大学出版会)、『新版装釘考』(二〇一一年、平凡社)、『浮遊的前衛』(二〇一二年、東京大学出版会)、『モバイルミュージアム』(二〇一三年、平凡社)、『インターメディアテク』(二〇一三年、平凡社)、『装釘考(繁体字版)』(二〇一三年、臺湾大學出版中心)、『前衛誌―未来派・ダダ・構成主義』(二〇一六年、東京大学出版会)、『行動博物館(繁体字版)』(二〇一六年、芸術家出版社)等がある。展覧会企画・図録は『東アジアの形態世界』『歴史の文字』『学問のアルケオロジー』『真贋のはざま』『マーク・ダイオンの「驚異の部屋」』『プロパガンダ1904-45』『グローバル・スーク』『学術標本の宇宙誌』『東京大学コレクション』『鳥のビオソフィア』『維新とフランス』『アントロポメトリア』『形と力』『逸脱美考』『マリリンとアインシュタイン』『帝大医學』『Le Comte des nuages』他、共著書多数。

reneweddistances(@)gmail.com 宛に、

件名を「購入希望」として、

 ・氏名

 ・郵便番号

 ・住所

 ・希望する商品内容(『村上善男』、小口染めの有無をご記載ください)

 ・部数

を記載の上、 メールをお送りください。

(領収書がご入用の場合はその旨をご明記ください)

お振り込みいただく金額および振込先の口座を返信いたします。

振込先にご入金を確認後、レターパックにて、

2〜3日中に商品を発送いたします。

 

送料は無料です。

(本商品とあわせてのご注文でいぬのせなか座の各商品も送料無料となります)

 

※海外の場合は、別途ご相談ください。

※振込手数料につきましては、大変恐縮ですが、お客様にて

 ご負担いただくかたちとなります。

 振込先口座は、ゆうちょ銀行・みずほ銀行の2種類となります。

※送信後3日以内に返信メールが届かない場合は、

 ご記入いただいたメールアドレスにあやまりがある場合がございます。

 お手数ですが、再度、お申し込みいただけますとさいわいです。

※入金後、3日以内に発送完了のメールが届かない場合は、

 上記アドレス reneweddistances(@)gmail.com にお問いあわせください。

※お取り扱いをご希望の書店様は、上記アドレスまでお気軽にご連絡下さい。

 

 

 

 

 

通販をご希望のかた