さいしょ

について

おしらせ

ひと

しごと

ざだんかい

333

散文と韻文、日記と俳句、音と語——互いがまったくの異種でありながら、自らに残されていなかったはずのポテンシャルを形成しあう、環境=レイアウトの制作。

繰り返される試行錯誤の見開きが、事物や生物、死後の私による制作の持続を担う、新たな言語を探索する。

 

試し読みはこちら

鈴木一平『灰と家』に関するツイートまとめ(随時更新)

 

2016年11月23日発行

判型:182mm×182mm

124ページ

定価:2000円

発行部数:300部

 

 

 

現在、葉ね文庫さまでの委託販売や、文学フリマ東京での販売のほか、

ウェブでの通販のご注文を受け付けております。

 

通販をご希望の方は、こちら

ねむる鹿を着て、欠けた蹄のうっすら白いところをなぞり

よく聞こえていく足音で

仰向けの鮒に耳打ちをする、おまえの体を渡って

向こう岸にいく