さいしょ

について

おしらせ

ひと

しごと

ざだんかい

333

2017_08_27 「いくつもの場を行き来させるプロジェクト/プロトタイプのための保存と提示」を行うページとして、333を再起動します。第一弾として、『地上で起きた出来事はぜんぶここからみている』をめぐる寄稿・作品を公開します。

2017_07_17 美学校にて、山本浩貴×福尾匠「いぬのせなか座×アーギュメンツ#2 トークイベント」が行なわれました。トークの映像(+配布資料)はこちら

 

2017_06_28 『現代詩手帖』2017年7月号での特集「新鋭詩集2017」に、鈴木一平が、新作詩「すべては、明るく」と、アンケートを寄稿しています。また、同号には、三角みづ紀さんによる、鈴木一平『灰と家』の書評「このうえない当たり前のような美しさ」も掲載されています。

 

いぬのせなか座